HOME > 気管支喘息の原因

気管支喘息の原因

気管支喘息はアレルギー作用等の原因で、気管支に炎症が起きることで発症します。
喘息にも種類がありますが、一般的には気管支喘息のことを「喘息」と呼んでいることが多いようです。

気管支に炎症が起きると、気道が狭まり、呼吸が苦しくなります。
ゼーゼー、ヒューヒューと音が鳴るのは「喘鳴」と呼ばれ、空気の通り道が狭くなっているためであり、十分な酸素を肺に供給することが出来なくなります。

ひどい時には酸素不足から顔や唇、手足が真っ青になったり、意識を失ってしまうこともあるので注意が必要です。
特に夜中から明け方にかけて症状を訴える人が多く、日中は平気でも寝るときに発作を起こすことがあります。

気管支喘息は、アレルギー性によるものと非アレルギー性によるものがあります。
多くはアレルギー性によるものですが、アレルゲンが体内に侵入することで喘息発作を起こします。

アレルゲンは人によって異なりますが、食べ物やハウスダスト、花粉、カビや動物の毛などにアレルギー反応を起こす人が大半です。
アレルギー体質は遺伝するものではありますが、両親がアレルギー体質だからと必ずしも子どもが気管支喘息になるというわけではありません。

ただアレルギー体質であると、喘息以外にも鼻炎やアトピーを併発することもあるので注意が必要です。
アレルギー体質である人は、免疫力を強化することで発症のリスクを抑えることも可能です。

酵素はアレルギーの発症を抑える効果があるとも言われるので、日々の食生活で酵素を摂取するようにしましょう。
また酵素を無駄遣いしない生活を心がけることも重要です。

それから喘息には、非アレルギー性のものもあります。
非アレルギー性の喘息はアレルゲンが原因ではありません。

よく言われるのは自律神経やホルモンバランスの乱れによる身体の不調が原因と言われます。
日常ストレスを多く感じる人や、生活習慣の乱れている方、タバコや飲酒、カフェインの多量摂取によっても引き起こすとされています。