HOME > 喘息の発作が起きたら

喘息の発作が起きたら

喘息で怖いのは急に起きる発作です。
呼吸困難な状態が続くと意識を失ったり、命を落としてしまう方もいるので注意が必要です。

特に発作が起きやすいのは夜中から明け方にかけてですが日中も油断は出来ません。
万が一発作が起きたらどのように対処すれば良いのでしょうか。

病院に連絡して受診を受けるのが一番ですが、自分でも出来ることはあります。
普段から病院から処方されている薬があれば、用法用量を守って薬を飲むようにします。

それから呼吸が楽な姿勢をとって気道を確保するようにします。
楽な姿勢といっても、けして横になるということではありません。

寝そべってしまうと寝方によっては気道を圧迫させ、かえって呼吸が苦しくなることがあります。
あくまで本人が呼吸が楽だと感じる姿勢で良いのですが、椅子に腰かけると意外と楽になります。

それから肺ではなく、お腹で呼吸するようにします。
上体を起こすと咳がしやすくなり、気道に詰まった痰が取り除かれ、発作がおさまることもあります。

飲めるようであれば、温めのお水を飲ませると良いでしょう。
ここで発作がおさまれば病院に受診する必要はないと思いますが、普段と違う症状だと感じたら、迷わず受診してください。

喘息を治すには普段から体質の改善や予防を継続しなければなりません。
アレルギー性の喘息であれば、身の回りからアレルゲンを可能な限り除去したり、体調管理をすることも大切です。

生活習慣の乱れやストレス、疲労が溜まっていると身体の抵抗力も落ち、症状が出やすくなります。
普段から適度な運動と休息を心がけ、喘息の発作が起きないようにしておくと良いでしょう。