HOME > 喘息に加湿器は効果ある?

喘息に加湿器は効果ある?

喘息の人にとって、症状を悪化させないためには、環境を整備させることが極めて重要です。
特に空気が乾燥していると、気道の粘膜も乾燥し、咳が出やすくなります。

また風邪などのウィルスも気道の炎症を悪化させるので、空気が乾燥しないように注意しましょう。
ただ湿度が高ければ良いというものでもありません。

高い湿度はダニやカビの温床となり、ハウスダストが原因でアレルギー反応が出てしまわないとも限りません。
ですので、空気の乾燥を防ぐために加湿器を使う場合でも気を付けなければならないポイントがあります。

一般的に喘息の症状が出にくい湿度は50%前後と言われていますので、最適な湿度を保つように工夫して加湿器を使用すると良いでしょう。
それから加湿器はこまめに清掃し、カビや雑菌が繁殖しないよう手入れをしなければなりません。

掃除をしないまま加湿器を稼働させると、カビや雑菌を空気中にまき散らすことになり、かえって喘息の症状が悪化しないとも限りません。
ですから一概に加湿器が喘息に効果があるとは言えません。

正しい使い方をすれば問題はないのですが、それよりも部屋の空気を入れ替えたり、室内の掃除をこまめにすることの方が効果があると言えそうです。
またわざわざ加湿器を付けなくても、マスクをするだけで十分な保湿効果があると専門家は言います。

以上のことに気を付け、乾燥する季節を上手に乗り切りましょう。