HOME > お酒が喘息を悪化させる

お酒が喘息を悪化させる

喘息の人はお酒を飲んで症状が悪化することがあります。
あるアンケート調査では飲酒に喘息発作が出た人は、喘息持ちの人の半数以上もいるようです。

発作を引き起こす一番多い原因は風邪のようですが、飲酒も喘息を悪化させる原因の一つと考えて良いでしょう。
喘息の人が飲酒で症状を悪化させるのは、お酒に含まれるアルコールに原因があると考えられます。

お酒に含まれるアルコールは体内でアセトアルデヒドという成分を作りだします。
アセトアルデヒドは白血球の一部からヒスタミンを放出させます。

ヒスタミンはアレルギーを誘発させる物質と言われます。
そのためヒスタミンが分泌されると気管支の炎症を引き起こしたり、神経が過敏になって気道を収縮させ、喘息の発作を引き起こすわけです。

特に日本人はこのアセトアルデヒドを分解する酵素(アセトアルデヒド脱水素酵素)が少ないと言われます。
お酒を飲んで楽しみたい気持ちは分かりますが、喘息持ちの方はなるべくお酒は控えた方が良いでしょう。

症状が良いときでも突然発作が起こらないとも限りません。
特にアルコール度数の高いお酒は飲み過ぎに注意しましょう。

どうしてもお酒を飲まなければならないときも適度な量にし、万が一発作が起きても対処できるようにしておきます。
ステロイド剤や気管支拡張薬などの薬を用意しておくのも良いでしょう。

また玉ねぎにはヒスタミンの生成を抑える働きがあると言われますから、喘息の症状を改善させることが出来ます。
詳しくはこちらxn--x8j1c099k6o1adco.netをご覧ください。