HOME > 咳喘息との違い

咳喘息との違い

喘息には気管支喘息の他に、「咳喘息」と呼ばれるものがあります。
症状は非常に良く似ているのですが、咳喘息は気管支喘息に比べ、発作や呼吸困難を生じるわけではないので、気管支喘息ほど過敏になる必要はありません。

しかし気管支喘息ほど呼吸器に異常が出るわけではないので軽視されがちですが、放っておくと気管支喘息や肺炎を引き起こすこともあります。
風邪をこじらせて咳喘息になる人もいますが、渇いた咳が続きます。

風邪が治っても咳が中々治らないという方は咳喘息を疑った方が良いかもしれません。
咳喘息も気管支の病気で、気管支に炎症が生じ、気道が狭くなっていることが原因です。

咳喘息にかかっている人の特徴として、血液中の好酸球が多くなっていることがあります。
つまり非常にアレルギー反応が起きやすくなっている状態であり、気管支の炎症もアレルギーによるものかもしれません。

元々アレルギー体質の人は気道に炎症を引き起こしている可能性もあるので、早期の治療が必要です。
咳喘息が長引くと、気管支喘息を発症し、深刻な事態にならないとも限りません。

埃やダニなどのハウスダストが原因であったり、飲酒、タバコ、ストレスなどによってもアレルギー反応が起きやすくなります。
特にタバコの煙を吸うことは咳喘息になりやすいと言われるので、喫煙者(受動喫煙も含む)は特に注意してください。
咳喘息は早期の治療で症状が良くなる可能性は高いですので、早めに病院に受診されると良いでしょう。
治療法は気管支喘息と同じく、気管支を広げる薬やステロイド剤などが使われます。

ステロイド剤は抗炎症作用に優れ、もしステロイド剤で症状が良くなるのであれば、咳喘息を診断されます。
症状が一時的に良くなっても、継続的に受診し、気管支拡張薬やステロイド剤で治療すると、次第に症状は改善されます。

また咳喘息は日常的な予防で発症のリスクを低めることが可能です。
風邪やインフルエンザが流行する時期はマスクを着用したり、うがい、手洗いをこまめにするようにしましょう。

また喫煙者はタバコをなるべく吸わないようにします。
タバコは喘息を発症させたり、症状を悪化させます。

タバコが止められないという人も風邪を引いて咳が出ている時や免疫力が低下している時はタバコを控えると良いでしょう。
禁煙外来を利用するという方法もあります。

それからストレスをあまり溜めないこと、自分に合ったリラックス法を探して、ストレスを上手く解消するようにします。
人間はストレスを感じ続けると自律神経のバランスが崩れ、免疫力を低下させてアレルギーに弱くなる傾向があります。
日頃から食生活に気を付け、ハウスダストなどのアレルゲンをこまめに除去すること、睡眠は休養を十分にとって、抵抗力を付けることも大切です。
咳喘息は意外と気付かずに発症している人も多いので、咳喘息のような症状を感じたら注意してください。