HOME > 喫煙は喘息を悪化させる

喫煙は喘息を悪化させる

ご存じだと思いますが、タバコは喘息を悪化させます。
中にはタバコを吸うことでストレスが緩和され、発作が治まったという人もいるようですが、タバコが呼吸器系の器官に悪影響を与えていることは明らかです。

そればかりかタバコは神経疾患、循環器疾患などの病気を発症するリスクも高めます。
自分自身がタバコを吸っている場合はもちろん、ご家族や職場の同僚など近しい人が喫煙者である場合も要注意です。

受動喫煙という言葉を聞いたことがあるでしょう。
タバコの煙は主流煙だけでなく、副流煙の方が有害とされます。

ですから受動喫煙によってタバコの害を受けることは大いに考えられます。
ちなみに喫煙者の子どもが喘息に発症する確率は、非喫煙者の子どもと比較して1.5倍も高くなるとも言われています。

タバコの煙には数千種類もの化学物質が含まれていますが、吸い込むことで気管支や肺胞に炎症を引き起こしたり、出来た炎症を持続させます。
また喫煙によって咳が続くと咳喘息になる可能性もあります。

そればかりか喫煙は次第に肺の機能を低下させ、呼吸不全や肺気腫を引き起こす恐れすらあるでしょう。
タバコは百害あって一利なしと昔から言われますが、喘息を治すにはタバコを止めた方が良いのは言うまでもないでしょう。