HOME > 台風で喘息が悪化する理由

台風で喘息が悪化する理由

昔から台風が接近すると喘息が悪化すると言われてきましたが、何故台風によって喘息がひどくなるのでしょうか。
気温や湿度、気圧の変化、秋にダニの死骸が増えるからなど色々な説がありますが、個人的には気温や湿度、気圧の変化が有力な気がします。

ですから台風に限らず、寒冷前線が通過した時や季節の変わり目などに症状が悪化するのでしょう。
季節の変わり目というのは体調を崩しやすいですし、風邪をこじらせて咳喘息を併発する人もいます。

また空気が乾燥すると気道の粘膜が荒れて炎症を起こしやすくなります。
では何故気圧が低下すると喘息の症状が悪化するのでしょうか。

低気圧では血管に加わる外圧が下がり、毛細血管が拡張すると言われます。
そのため血液中の成分が血管の外に染み出て、気管支に炎症を起こすというわけです。

また低気圧では空気中の酸素濃度が下がるので、呼吸によって十分な酸素を取り込めなくなるのも一つの要因かもしれません。
ですから低気圧になると息苦しかったり、頭痛を引き起こす人がいるのですね。

いずれにせよ台風で喘息の症状が悪化することは十分考えられると思います。
普段から炎症を鎮める薬や気管支拡張剤などを用意しておくと良いでしょう。